こんにちは。

知識ゼロ・資金ゼロ・人脈ゼロの状態から始めて

会社員として働きながらFXトレードをマスターし、

副業として毎月10万円のお小遣いを確保した

FX講師のトミーです。

 

今日はFXの基礎知識の8ということで、

トレードスタイルについて解説させてもらいます。

 

●順張りと逆張り

順張りと逆張りはトレード方法の違いを表していて、

相場の流れに対して自分の仕掛ける方向が

流れに逆らったものか、流れに沿ったものか

呼び方が異なります。

 

 順張り:相場の流れと同じ方向に仕掛ける

 逆張り:相場の流れと逆の方向に仕掛ける

 

単に仕掛ける方向が違うだけで、どちらかが飛びぬけて

有利だったり不利だったりすることはありません。

 

ですので、

 「初めは順張りから始めるべき!」

 「いやいや逆張りから始めるべき!」

といったことはありませんが、

1つだけ大事なことがあります。

 

それは、

「どちらか一方を先にマスターしてしまう」

 (=どっちつかずにしない)

ことです。

 

 

●順張り/逆張りを決めるポイント

順張り・逆張りはそれぞれに特徴がありますので、

それぞれ下のようなメリットとデメリットがあります。

 

 

10秒足や1分足だとチャートがぐちゃぐちゃに荒れることも多いですが、

5分、15分、1時間足と長時間のチャートになるに従って

チャートはきれいな波のような動きが出やすくなります。

 

順張りでは、チャートの流れの方向にトレードするので、

トレードするタイミングはある程度合っていればいいのですが、

トレード時間はどうしても長くなってしまいます。

 

一方で、

逆張りはチャートの流れに逆らう方向にトレードするので、

トレード時間は短く短時間で利益が出せますが、

流れに逆行するトレードなのでタイミングは

かなりシビアになります。

 

順張り・逆張りそれぞれ一長一短があるのですが、

お互いが正反対の視点になるので、

まずどちらか一方に絞ってマスターされることをお勧めします。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。