こんにちは。

知識ゼロ・資金ゼロ・人脈ゼロの状態から始めて

会社員として働きながらFXトレードをマスターし、

副業として毎月10万円のお小遣いを確保した

FX講師のトミーです。

 

 

今日はFXの基礎知識の7ということで、

トレードスタイルについて解説させてもらいます。

 

●トレードスタイルって?

トレード仲間ができてくると

「どんなトレードスタイルですか?」

というような話になることが増えてくると思います。

 

でも人によって、

 「順張りスタイル」

 「逆張りスタイル」

 「スキャルピング」

 「スイングトレード(スタイル)」

 「ブレークアウト」

など色々な答えが返ってくると思います。

 

これらはトレードスタイルを示す言葉ではありますが、

トレードの方法という視点で分類したものや、

1回のトレードにかける時間の視点で分類したものなど

ごちゃ混ぜになっていることが多いです

 

●副業としてトレードスタイルを決める時のポイント

トレードスタイルは色々な基準で分類されて

名前が付けられているのですが、

副業として初めてトレードスタイルを決めるなら、

基準は1つに絞ることができます。

 

その基準は、

 「自分がトレードにかけられる時間」

です。

 

これは、

副業FXで毎月10万円稼ぐ方法の所で説明させてもらっていますが、

FXを副業として行う大きなメリットに、

平日なら24時間できる点があります。

 

本業が終わってからでもやれるというのが

平日なら24時間できるところがメリットになる理由ですが、

このメリットを最大限生かす意味で自分の都合に合わせて、

スタイルを決めるというのがポイントです。

 

そのためにトレードスタイルを決める時は

まずFXのスキルをマスターした後、副業として

FXを行う場合に、

 どれくらいの時間(1時間未満~1日中)を

 どれくらいの頻度(月1回  ~毎日) 

かけるのかを決めて下さい。

 

●取り組む時間から決めるトレードスタイル

FXに取り組む時間が決まればスタイルは自然と決まります。

 

ポイントは、

1回のトレードにかける時間です。

 

 1回のトレードにかける時間でみるトレードスタイル

  ・数秒~数分 → スキャルピング

  ・数時間~1日 → デイトレ(デイトレード)

  ・数日間~数週間→ スイング

  ・1か月以上 → 長期

 

なお1回のトレードにかける時間がきまれば、

トレードする回数もある程度決まってきます。

 

 スタイルごとのトレード回数の目安

  ・スキャルピング 数10回~数100回/日 

  ・デイトレ      1回~数回/日

  ・スイング      1回~数回/月

  ・長期        1回~数回/年 

 

●トミーのトレードスタイル

トミーは、スキャルピングとデイトレを組み合わせた

ハイブリット型です。

 

ちなみに、

スイングと長期は意識して避けています。

 

理由はいくつかありますが最も大きな理由は、

トレード期間が1日以上になると、

自分が寝ている間に〇〇ショックといった

大きな値動きが起こった時に十分な対応ができない

可能性があるためです。

 

●トレードスタイルを決める時の注意点

トレードスタイルは自分の都合に合わせて

自由に決めてもらっていいのですが、

1つだけ注意していただきたいことがあります。

 

それは、

トレードを始めたばかりの頃は、

数秒で取引を終えるようなごく短時間の

スキャルピングは避ける、という点です。

 

例えば、

車の運転でも免許取り立ての時は

スピードを出さずにゆっくり運転して

慣れてからスピードを出していきますよね。

 

FXの操作ミスは即、損失につながるので、

少しトレードに慣れるまではスキャルピングでも

数分くらいの少しゆっくり操作できるスタイルが

おすすめです。

 

●まとめ

・トレードスタイルと言っても、色々な分類の仕方で使われる

・トレードスタイルは、まず自分がトレードにかける時間と頻度で決める

・数秒のスキャルピングと長期のトレードは避ける

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。