こんにちは。

今日はFXの基礎知識(その5)ということで、

FXトレードをしやすい時間帯について紹介していきたいと思います。

 

 

●時間帯で考えるFXトレードのいいところ

まず大前提として、

FXは平日なら24時間トレードできるので、

自分の時間の都合に合わせたトレードができます。

これは、会社勤めをする必要のある会社員には

時間の自由度が非常に大きくなるため、

とても大きなメリットになります。

そして次に、

「トレードしやすい時間帯があるかどうか?」

という点ですが、

これも実は答えは、”イエス”です。

 

 

●FX市場の値動きの特徴

24時間取引できるFXは世界中の金融市場の影響を受けるので、

大きな金融市場が開いている時間帯ごとに値動きに特徴がでます。

ただし日本でFXをトレードする時には、

大きく3つの時間帯にわけることができると覚えてもらえれば十分です。

1つ目が、9:00~15:00の東京時間
(アジア圏の金融市場の取引)

2つ目が、17:00~1:30のロンドン時間
(イギリスの金融市場の取引)

3つ目が、23:30~6:00のニューヨーク時間
(アメリカの金融市場の取引)

この3つの時間帯で特徴的な値動きが作られます。

※ちなみに夏時間の期間(サマータイム:3月の第2日曜日~11月の第1日曜日)は、

ロンドン時間、ニューヨーク時間がそれぞれ1hづつ早まります

 

 

●FXの値動き

FXでは主に以下の3つの時は、大きく値が動きます。

1.主な金融市場が開くとき

2.首相などの要人が経済に関係する発言をしたとき

3.経済指標と呼ばれる各国が行う調査結果が発表されるとき

見ていただくとわかりますが、

2は事前に知ることはできませんが、

1と3はあらかじめ時間帯が分かっているので、

自分で準備をして備えることができます。

 

 

●金融市場が開くときがチャンス

主な金融市場が開く時間を考えると、

朝(9:00~)、

夕方(16:00~、17:00)、

夜(22:00~、23:00~)に狙い時です。

株だと夜間取引以外は9:00~15:00しか主な取引はありませんが、

FXは朝方以外にも夕方と夜にも狙い時があります。

勤めを終えてからでもチャンスがあるのは、

会社員などの副業としてFXをする時の大きなメリットになります。

 

 

●要人発言の考え方

一般トレーダーが事前に要人の発言を知ることはできません。

結局、何かのツテで発言が出そうということが分かっても

最後までひっくり返る可能性も残りますし、

はっきり言って事前に知る必要性はありませんが、

実はトレードに生かせる活用方法はあります。

 

それは、

要人発言のような自分が全くコントロールできないものが

あるかもしれない、ということを考えに入れることができるところです。

想定外の値動きをした時に頑張りすぎないトレードができる点はとても重要です。

 

 

●経済指標の影響

これは指標の結果を事前に予想することは難しいですが、

要人発言とは違い指標発表の期間はトレードを避ける、

といった活用ができます。

 

なお世界中の指標発表のことを気にしていると

発表される国も指標も数が多すぎてトレードできなくなってしまいますので、

トレードを考えるときのコツとして、

取引する通貨ペア(例えばドル円ならアメリカと日本の指標)の2国の

指標発表のタイミングをチェックしていれば、まず大丈夫です。

 

ちなみにドル円ですと

日本の指標発表がほとんど8:50からの朝が多いので、

昼間働いて夜トレードするのであれば、

基本、日本の指標発表は気にしなくても構いません。

 

一方で、主なアメリカの指標は

・米国雇用統計(非農業者部門雇用者数・失業率)

・新規失業保険申請件数

・ADP雇用統計

・チャレンジャー人員削減数

がありますので時間をチェックしておく必要があります。

※ほとんどが22:30前後です

 

 

指標発表については、

またどこかで少し詳しく解説させていただきます。

楽しみにお待ちください。

 

今回は以上です。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。